スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/4-7 オホーツク紋別フライ釣行

  
2015年10月4日から3泊4日で北海道オホーツク紋別に行って来ました。

photo 
渚滑川を釣り・・・


photo 

オホーツク海を釣りました。


>>続きを読む

スポンサーサイト

2015/05/17-19 朱鞠内湖フライ釣行

517日から19日まで2泊3日で、北海道道北にある湖「朱鞠内湖」に5人で行ってきました。


 photo

朱鞠内湖は昭和18年に完成した日本最大の湛水面積を誇る水量発電用の人造湖で、
その美しい自然の景観は朱鞠内道立自然公園に指定されています。



photo 
羽田空港を朝8時に飛び立ち、旭川空港から幌加内町にある朱鞠内湖畔の
宿泊施設「レークハウス朱鞠内」に昼過ぎに到着。
急いで準備して出かけます。



photo photo 
自動販売機「つり券くん」で日釣り券を購入し、お願いしていた漁協さんの渡船乗り場に向かいます。


photo
朱鞠内湖には漁協があり、遊魚規則があります。
夏期は5月1日解禁で、イトウについてはキャッチアンドリリースが義務付けられており、
フックもシングルフック・バーブレスとなっています。
また、釣りをするには遊魚券の購入が必要で、日釣り券は¥1000です。



photo 
漁協さんのモーターボート(一般の釣り人はエンジン禁止)で、
一般のボートが入れない奥のエリアに渡船してもらいました。


photo 
今回の朱鞠内湖は、例年に比べて減水していました。
しかも、全体的にかなり濁っています。
漁協の中野さんに話を聞くと、ゴールデンウィークの頃に嵐のような強風が吹いて
その影響で湖全体が濁り、まだ濁りが取れていないということでした。
朱鞠内湖の土は粘土質のため濁りやすく、なかなか濁りも取れません。



photo photo
少しでも、濁りの少ない場所を選んでいただいて上陸しましたが、
ウェーディングするとブーツがほとんど見えないほどの透明度です。
その中で、まずOさんが40cmぐらいのアメマスを釣りました。
釣り始めて早々でしたので、「なんだアメマスか…」と
皆に知らせずに静かにリリースしたようです。(笑)



photo photo
夕方間近に私とHさんにも40cmぐらいのアメマスが来ました。
私は、もうこれ以上のサイズは釣れないかもしれないと、
しっかりニコパチ写真を撮ってもらいました。(笑)

初日の釣りは、6時半に渡船のお迎えが来て終了。
日が落ちるとぐっと気温が下がり、まるで真冬に戻ったようです。
今朝方まで連日夏日の東京にいたのが不思議でした。






photo photo

2日目は、杉坂隆久さんにガイドをお願いしていました。
2グループに分かれて、午前中3人、午後2人でお願いしました。

345分、私と私の家内以外の3人が、杉坂さんのボートに乗ってポイントに向かいました。




photo 

4時の渡船で、私と家内は昨日のポイントより更に奥に渡してもらいました。

少しずつポイントを変えながら丁寧に釣っていきますが反応はありませんでした。




photo 
パノラマで撮ってみました。



朝から5時間釣って反応がなかったので、別のポイントに渡船で移動しました。


photo 

新しいポイントも障害物周りを丹念に探りますが反応がありません。

ルアーで釣っていた家内には30cmを少し超えるアメマスが釣れたようです。




一度お昼にレークハウスに戻り、休憩して、午後2時から後半戦の開始です。
午前中にガイドしてもらった3人は芳しくなかったそうです。

午後はメンバーを交代して、私と家内が杉坂さんにガイドをしてもらいました。
他の3人は漁協の渡船で島に渡りました。



photo photo

午後の釣りを始めてしばらくして、家内から「ニジマスが釣れた」とトランシーバーで連絡が入りました。
「ニジマスはいないはずなのに・・」と魚を見に行くと、35cmの可愛いイトウでした。
小さいながら、初イトウに嬉しそうです。


photo 
同じ頃、渡船して島に渡っていたHさんも可愛いイトウをゲットしていました。
やっぱり本命が釣れると嬉しいですね。




photo photo photo
そろそろ釣りが終了となる夕方6時すぎ、ついに私にイトウがヒットしました。
しばらくやりとりをして、杉坂さんがネットに掬ってくれた時は思わず抱きついてしまいました。



photo 
70cmのイトウでした。


phito 
フライは、濁った中で目立つようにと15cmぐらいあるフラットウィングストリーマーでした。



photo 
レークハウスの夕食時に、恒例のシャンパンでお祝いしてもらいました。




photo photo
最終日は午前中釣って、午後は片付けをして帰路に立ちます。
この日も朝4時から渡船で渡してもらいました。


photo 
残念ながら朝から無風で、ベタ凪状態でした。
ベタ凪はキャスティングしやすいですが、湖ではかなりタフな状況です。



photo photo
厳しい中、Hさんは小さいアメマスを釣っていました。
 

その後はまた無風状態になり、朱鞠内の釣りが終了しました。




photo 
漁協の中野さんを始めレークハウスのスタッフの皆さん、今回もたいへんお世話になりまして
ありがとうございました。短い滞在でしたが楽しく過ごさせていただきました。
また来年も来たいと思います。




今回使用したタックルとヒットフライ

BEULAH ONYX 13'1" #6 + ROSS MOMENTUM + SPEY SKAGIT EXT. INT. JS 400gr

SCOTT DSS 13' #8 + ROSS MOMENTUM + Airflo SKAGIT COMPACT INT. 450gr

TSR 14'6" #9/10 + HATCH 11 + SPEY SKAGIT  INT. JS 500gr
.

photo 


【FLAT WING STREAMER】
 
 BODY: PRO SPORTS FISHER TUBE SYSTEM
 WING: SADLE HACKLE 各色
 SIDE:  BUCK TAIL ORANGE + POLAR FLASH 各色
 CHEEK:  SILVER PHEASANT HACKLE +JUNGLE COCK
 HOOK: OPST SWING HOOK #1/0




 スタッフGS









にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村




 


2015/04/26 千曲川フライ釣行

4月26日千曲川水系に行ってきました。

photo
この日は暖かく、ちょうど桜が満開で気持ちの良い釣行となりました。


photo photo
支流に入ってすぐにSさんが可愛いヤマメをゲットしました。



photo  
自然渓流2回目のHさん。魚を見つけて、サイトで狙います。



photo 
ニンフで釣ったイワナ。
この日の午前中の水温は8.5度。思ったより水温が低く、ハッチがありません。
そのため、魚が上を見ておらず、ドライの反応がよくありませんでした。



photo
午後になると、水温が上がると共にメイフライが飛び始め、
時おりライズも見られるようになりました。



photo photo
久しぶりにご一緒したYさん。嬉しいヤマメをゲット。



photo photo
イワナもドライに反応するようになりました。



photo photo
左はSさんがライズを狙って釣った良型のヤマメ。
右は、家内が釣ったまだサビの残るヤマメ。



photo 
夕方は本流を釣りましたが、ライズがなく終了。(撮影Yさん)


photo photo
帰りは清里にある「天女の湯」に浸かり、
夕食は人気のレストラン「ROCK」で。

急に暖かくなって汗ばむくらいでしたが、川の中はまだ春になったばかりといった感じでした。
水量もやや多めでしたので、このまま天気が良い日が続けばGWの頃は更に良くなると思います。
スタッフGS


  【今回の使用タックル】

 ROD:  SCOTT F2 723/4
   REEL:  Waterworks P-1  Japan Limted OR/GY
   LINE :  Airflo JP SP 3G DT3F
 




にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村






2015/04/05 北関東釣行

4月5日、Fさん親子と北関東のN川水系に行ってきました。
Fさんと、息子さんの中学1年生のI君は、共に一般渓流は今回初釣行です。
あいにくの空模様でしたがお二人ともやる気満々。
是非きれいなヤマメを釣っていただきたい…結果はいかに?


photo
 photo
最初に訪れた支流は、思ったより水量が多く、遡行がたいへんでした。
ドライフライで釣り上りますが、反応が全くありません。
水温が8度と低くかったためでしょうか。

場所を少し下流に移して探ってみるも、結果は同じ。
違う支流へ移動することにしました。

photo 
次に行った支流は河畔林が迫っていて、投げづらいポイントが多くありました。
お昼近くになって水温が上がってきたのか、釣り上っていくとプールでライズが見られました。
そして・・・


photo photo
I君が記念すべき初「渓流ヤマメ」をついにゲット。
小さくても綺麗な魚にI君の笑がこぼれます。
横に付き添っていた私も、思わずI君と握手してしまいました。


photo 
Fお父さんも、うれしい自然渓流での初ゲット。
おめでとうございます。


photo photo
その後お二人とも釣果を伸ばし、特にI君は2桁に迫る釣果となりました。

Fさん、I君、雨の中お疲れ様でした。
これから渓流は益々良くなってきますので、是非また行ってみてください。



スタッフGS使用タックル
ロッド:Scott G2 773/4
リール:Waterworks P-1 OR/GY
ライン:Airflo JP SP 3G DT3F


 
にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村

2015/03/16 忍野フライ釣行

忍野フライ釣行

photo 
3/16 前日に解禁した桂川忍野地区に行ってきました。
今回はライズをドライフライで狙うのが目的です。

photo 
12時頃からライズが始まりました。
クロスまたはダウンクロスで狙います。
水温は11.5度。
スプリングクリークのため、水温は一般河川より高めでした。


photo 
#20のユスリカフローティングピューパを使い、ようやく1匹目を釣り上げました。
ティペットは7Xを使いました。
(後ろにあるのはビニール製のバケツです。)


photo
ストマックを見るとほとんどがシャックでした。
ユスリカのピューパも入っていますが、少ししか入っていません。
どおりで難しいはずです。


その後もライズは頻繁にありますが、思ったようにフライに出てくれません。
それでも3時までに数匹を釣り上げましたが、全て小さいニジマスでした。


photo 
後半釣れた魚のストマックを見ると、#30以下のユスリカをたくさん食べていました。
3時頃から雨が強くなり、寒くなったためライズが散発になってしまいました。

もう少し暖かくなると、コカゲロウやアカマダラなどがハッチして
釣りやすくなると思います。


今回の使用タックル
photo 

ROD:Scott F2 723/4JS
スコットのグラスロッドF2の中で、現在F2唯一4pcsモデルのジャパンスペシャル
スローでありながら振りやすいアクションが気持ち良い。

REEL:Waterworks P1 限定OR/GY
廃盤になっていたWaterworks P1が、今年3月に日本限定カラーで復刻しました。

LINE:2015NEW Airflo JAPAN SPECIAL 3G
今年リニューアルされたエアフロ・リッジのジャパンモデル。
「Super DRI」の新しいコーティングは今までと違う高浮力を実現しました。
フロントテーパーも長く緩やかで、ソフトなプレゼンテーションが可能です。
今回はロッドとリールに合わせたカラーのバレンシアを使いました。



mebarubottan.jpg 
にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村

伊豆フライ釣行 店員GS 

伊豆フライ釣行

312日、伊豆半島狩野川に行ってきました。

この日は朝から強風で、風速10m以上あり、本流はとても釣りになりません。

最初に入った支流でも、着替えるのがやっとぐらいの風でした。



photo

なんとか風裏になっている支流を探して入りました。

気温も肌寒く、虫も飛んでいないので、私はウェットで、連れの家内はドライで釣ることにしました。

しばらく釣り上っても全く反応がありません。
仕方なく、別の支流に行くことのしました。


photo  

いくつか支流を回り、午後になってようやく反応のある支流にたどり着きました。



photo 

ドライフライで流れの緩やかな深みを流すと、きれいな可愛いサイズのアマゴが飛び出して来ました。

おそらく昨年秋に稚魚放流した魚だと思われます。



photo 

ちょっとしたプールではライズも見られました。

食べている水生昆虫は、どうやらコカゲロウのイマージャーかダンのようでした。



photo 

反応が良かったフライは、今月号のフライフィッシャーに投稿した
イエローカラーのパラシュート#18でした。


photo photo 

今回同行したT夫妻も今年初の解禁釣行で、可愛いアマゴをゲットしていました。



photo 

こちらは家内が釣った7寸のアマゴ。
鮮やかなパーマークとワインレッドの尾びれが印象的でした。




夕方、本流に戻ってライズを探したものの、風が収まらず、
ライズが見つからないどころか冷え込んで、とてもイブニングという雰囲気ではありませんでした。
冷えた体を、国道136号線沿いにある「湯の国会館」という日帰り温泉で温めて帰りました。


タックル
ROD: Scott G2 773/4
REEL: HATCH 2+  BK/SV
LINE: Supra LDL OR
LEADER: Finess 8ft 6X
TIPPET:  MISTY PLUS 7X



mebarubottan.jpg 
にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村





犀川解禁フライ釣行 店員GS

犀川解禁釣行

photo  
2015.02.16 解禁した犀川(犀川漁協管内)に行ってきました。




photo 
、8時に長野に住む釣友と合流し、早速川に向かいました。
朝の気温はマイナス6度。さすが寒いです。
ただ、昼間は気温が上がるようで、道路には雪はありませんでした。



photo 
河原に行くと、先に釣っていた浜松から来たというフライフィッシャーが
ちょうど魚をランディングしていました。



photo 
魚を見せもらうと、丸々と太った良型のレインボーでした。
断って魚の写真を撮らせてもらいました。




photo 
魚を見て、私も気合が入ります。
この解禁に合わせてロッドをBeulah Onyxに新調していたのでなおさらです。
このロッドは軽くて投げやすく、#6でも13'以上あるのでフライを操作しやすいと思いました。




photo photo  
釣り始めて30分ぐらい。
フライをスウィングしていると、いきなりフライをひったくるようなアタリ。
銀色の魚体を見てレインボーと思ってランディングすると、背中に唐草模様がありました。
あれっ。よく見ると太ったイワナでした。




2015_02_16_saikawa0060.jpg 
その後は、場所を変えてみますがアタリもなく、解禁日を終えました。
この日はさすがに解禁日ということで、たくさんの釣り人が来ていて、
ほとんどのポイントには釣り人が入っている状況でした。
水量はこの時期の平水で、水温は5度でした。
これから暖かくなって、段々と良くなりますので、また訪れたいと思います。
スタッフGS



使用タックル
ROD:Beulah Onyx 13'1" #6  4pcs
REEL:ROSS Momentum5
LINE:Beulah Tonic V2 Spey400gr + Rio iMowTip Med 5'I/5'T-11
+OPST SP Lazar Line 35lb
FLY:Dirty-four




mebarubottan.jpg 
にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村





2015/01/22.26 ウェーディング・シーバス(フライ)釣行記


1月22日㈭、千葉県の河口にウェーディングしてシーバスをフライで狙いに行きました。
1月に入り、だいぶバチ抜けしているようです。
(バチ抜けとは、ゴカイが浮遊して流れることを言います。)
この日は中潮で17時40分が満潮でしたので、17時頃現地に着くように行きました。

photo 
ウェーディングシーバス初挑戦のHさんを誘って行きました。


photo 
Hさんのバチフライ。
つり人社の「Salty Talk」に出ている干潟人Sさんのフライをマニュアルにして
巻いたそうです。


photo 
川にウェーディングするHさん。


photo photo
釣り始めて1時間ぐらいするとバチが流れてきました。
小さいのもいれば、20cmぐらいある大きなバチもいます。


photo 
Hさんのフライにもシーバスが掛かりました。
沈むタイプのフライをナチュラルにドリフトしたら釣れたそうです。
初ウェーディングでのシーバスゲット、おめでとうございます。


photo photo
しばらくして、後から合流した干潟人のOさんにも50cm超えの良型が来ました。

この日はその他にMさんが40アップを釣り、
私には来ませんでしたが、楽しい釣行となりました。
21時納竿。





日をあらためて1月26日㈪、家内と二人で再び同じ場所に行きました。
この日は21時満潮の小潮でした。
21時頃から釣り始めていると、しばらくしていつもの干潟人SさんとMさんが合流しました。


photo 
この日は魚っ気があり、23時頃私の前でライズが頻繁にありました。
ライズに向かってバチフライを流して、久々に40cmアップを釣り上げました。


photo 
いつも優しく教えてくれる干潟人のお二人。

お二人に聞くと、バチ抜けの釣りは2月一杯楽しめるそうですので、
まだまだ干潟通いは続きます。 スタッフGS

使用タックル
ロッド:J-Switch1108-4N+
リール:Orvis Access MA5
ライン:Supra Express 8/9F
リーダー:9ft 0X +20lbフロロティペット
フライ:バチフライ



にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村

  

 


新年うらたんフライ大会 

1月11日うらたんざわ渓流釣場で新年釣り大会を行いました。
今回は総勢20名でした。

photo 

大会のルールは、ドライで釣ったヤマメとイワナが2ポイント、
それ以外は全て1ポイントで計算し、総得点で競います。
レギュレーションは、うらたんのレギュレーションに則ります。



photo
9時半、いよいよ大会開始です。


photo photo
 
ほとんどの参加者の方は、下のルアー&フライエリアで、フライを沈めて釣っていました。
この日は、ビーズヘッドのピューパが良くアタリました。


photo 
下のエリアでは、ヤマメもたまに掛かってきます。


photo photo 
2時終了までの間、皆さん黙々と釣っていました。 



大会終了! それぞれが自己申告でスコアカードを提出し、その場で表彰式を行いました。
 
photo 
見事優勝したのは、Yさん。 73匹を釣って堂々の2連覇達成です。


photo 
準優勝はわずか2ポイント差で涙を飲んだSさん。


photo 
大物賞は、50cmを釣ったTさん。


photo 
ドライで11ポイントを上げたTHさんは、見事ドライ賞を獲得しました。


2015_01_11_0113.jpg 

皆さん、お疲れ様でした。
たまには大会も面白いですね。またやりましょう。

その後釣りを再開し、夕方にはライズが増えてドライでも楽しめたようです。
スタッフGS
使用タックル
ロッド:グラスマスター(ウジニッキモデル)774/3
リール:ロス エボリューション
ライン:エアフロ JPスペシャルDT4F


新年初釣行犀川(フライ) スタッフGS

2015年1月5日、初釣行に犀川に行ってきました。
犀川の殖産漁協管内はニジマスを放流していて通年釣りができ、C&R区間もあります。

photo
道路には雪が無かったものの、河原は真っ白です。
 
 
 photo 
道の駅大岡で入漁券を販売しています。

photo 
道の駅付近はC&Rエリアになっています。

photo 
道の駅で長野市に住む釣友Y氏と待ち合わせました。
新年の挨拶もそこそこに、ポイントに向かいます。
 
 
photo photo
釣り始めたのが午前10時頃。
この日は犀川にしては暖かく、朝の気温がマイナスではありませんでした。
釣り始めてすぐにY氏のダブルハンドロッドが曲がりました。
急いで彼のもとに駆けつけると、40cmを少し超える綺麗なニジマスでした。
写真を撮っていると、今度は上流で釣っていた私の家内の悲鳴が聞こえました。


photo photo photo 
彼女は#5のシングルハンドで釣っていたので、取り込みに時間が掛かりヒヤヒヤしました。
何度も走られて、ようやくネットに収まったニジマスは、これも40cmを少し超えるニジマスでした。

朝のラッシュはここまで。その後はアタリも無かったので、昼食タイムとしました。


photo photo
 信州新町はジンギスカン街道と言われているのを最近知ったものの、なかなか食べる機会がありませんでした。
ジンギスカン好きの私は、是非一度信州新町のサフォークを食べてみたいと思っていました。
サフォークとは肉用の羊のことで、信州新町で育てているそうです。
食べてみると、あのマトン独特の臭みが無く、柔らかくて美味しかったです。
さすが「幻のサフォーク」と呼ばれているだけあります。
ちなみに、お値段は輸入マトンの倍近くします。


 
photo 
ゆっくり昼食を取ったあと、夕方狙いで再び釣りを再開しました。
しかし、午後から冷え込んだためか全く反応がなく終了しました。



photo 
冷えた体を「さざなみ」の日帰り銭湯で温めました。
ここは温泉ではありませんが、お風呂も大きくてゆったりしてお勧めです。


今回私は朝のピークに乗れずに残念でしたが、同行者が釣れて楽しい初釣行となりました。
暖かい予報の日は、まだまだチャンスはあると思いますので、お出掛けになってはいかがでしょうか。
スタッフGS



使用タックル
ロッド:Scott DSS1308/4
リール:ROSS Momentum5
ライン:Beulah Tonic V2 Spey525gr + T-14 13ft または17ft
フライ:キールタイプのストリーマー





 seabass_derby_2014.jpg 
にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村
  





| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。