スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/17-19 朱鞠内湖フライ釣行

517日から19日まで2泊3日で、北海道道北にある湖「朱鞠内湖」に5人で行ってきました。


 photo

朱鞠内湖は昭和18年に完成した日本最大の湛水面積を誇る水量発電用の人造湖で、
その美しい自然の景観は朱鞠内道立自然公園に指定されています。



photo 
羽田空港を朝8時に飛び立ち、旭川空港から幌加内町にある朱鞠内湖畔の
宿泊施設「レークハウス朱鞠内」に昼過ぎに到着。
急いで準備して出かけます。



photo photo 
自動販売機「つり券くん」で日釣り券を購入し、お願いしていた漁協さんの渡船乗り場に向かいます。


photo
朱鞠内湖には漁協があり、遊魚規則があります。
夏期は5月1日解禁で、イトウについてはキャッチアンドリリースが義務付けられており、
フックもシングルフック・バーブレスとなっています。
また、釣りをするには遊魚券の購入が必要で、日釣り券は¥1000です。



photo 
漁協さんのモーターボート(一般の釣り人はエンジン禁止)で、
一般のボートが入れない奥のエリアに渡船してもらいました。


photo 
今回の朱鞠内湖は、例年に比べて減水していました。
しかも、全体的にかなり濁っています。
漁協の中野さんに話を聞くと、ゴールデンウィークの頃に嵐のような強風が吹いて
その影響で湖全体が濁り、まだ濁りが取れていないということでした。
朱鞠内湖の土は粘土質のため濁りやすく、なかなか濁りも取れません。



photo photo
少しでも、濁りの少ない場所を選んでいただいて上陸しましたが、
ウェーディングするとブーツがほとんど見えないほどの透明度です。
その中で、まずOさんが40cmぐらいのアメマスを釣りました。
釣り始めて早々でしたので、「なんだアメマスか…」と
皆に知らせずに静かにリリースしたようです。(笑)



photo photo
夕方間近に私とHさんにも40cmぐらいのアメマスが来ました。
私は、もうこれ以上のサイズは釣れないかもしれないと、
しっかりニコパチ写真を撮ってもらいました。(笑)

初日の釣りは、6時半に渡船のお迎えが来て終了。
日が落ちるとぐっと気温が下がり、まるで真冬に戻ったようです。
今朝方まで連日夏日の東京にいたのが不思議でした。






photo photo

2日目は、杉坂隆久さんにガイドをお願いしていました。
2グループに分かれて、午前中3人、午後2人でお願いしました。

345分、私と私の家内以外の3人が、杉坂さんのボートに乗ってポイントに向かいました。




photo 

4時の渡船で、私と家内は昨日のポイントより更に奥に渡してもらいました。

少しずつポイントを変えながら丁寧に釣っていきますが反応はありませんでした。




photo 
パノラマで撮ってみました。



朝から5時間釣って反応がなかったので、別のポイントに渡船で移動しました。


photo 

新しいポイントも障害物周りを丹念に探りますが反応がありません。

ルアーで釣っていた家内には30cmを少し超えるアメマスが釣れたようです。




一度お昼にレークハウスに戻り、休憩して、午後2時から後半戦の開始です。
午前中にガイドしてもらった3人は芳しくなかったそうです。

午後はメンバーを交代して、私と家内が杉坂さんにガイドをしてもらいました。
他の3人は漁協の渡船で島に渡りました。



photo photo

午後の釣りを始めてしばらくして、家内から「ニジマスが釣れた」とトランシーバーで連絡が入りました。
「ニジマスはいないはずなのに・・」と魚を見に行くと、35cmの可愛いイトウでした。
小さいながら、初イトウに嬉しそうです。


photo 
同じ頃、渡船して島に渡っていたHさんも可愛いイトウをゲットしていました。
やっぱり本命が釣れると嬉しいですね。




photo photo photo
そろそろ釣りが終了となる夕方6時すぎ、ついに私にイトウがヒットしました。
しばらくやりとりをして、杉坂さんがネットに掬ってくれた時は思わず抱きついてしまいました。



photo 
70cmのイトウでした。


phito 
フライは、濁った中で目立つようにと15cmぐらいあるフラットウィングストリーマーでした。



photo 
レークハウスの夕食時に、恒例のシャンパンでお祝いしてもらいました。




photo photo
最終日は午前中釣って、午後は片付けをして帰路に立ちます。
この日も朝4時から渡船で渡してもらいました。


photo 
残念ながら朝から無風で、ベタ凪状態でした。
ベタ凪はキャスティングしやすいですが、湖ではかなりタフな状況です。



photo photo
厳しい中、Hさんは小さいアメマスを釣っていました。
 

その後はまた無風状態になり、朱鞠内の釣りが終了しました。




photo 
漁協の中野さんを始めレークハウスのスタッフの皆さん、今回もたいへんお世話になりまして
ありがとうございました。短い滞在でしたが楽しく過ごさせていただきました。
また来年も来たいと思います。




今回使用したタックルとヒットフライ

BEULAH ONYX 13'1" #6 + ROSS MOMENTUM + SPEY SKAGIT EXT. INT. JS 400gr

SCOTT DSS 13' #8 + ROSS MOMENTUM + Airflo SKAGIT COMPACT INT. 450gr

TSR 14'6" #9/10 + HATCH 11 + SPEY SKAGIT  INT. JS 500gr
.

photo 


【FLAT WING STREAMER】
 
 BODY: PRO SPORTS FISHER TUBE SYSTEM
 WING: SADLE HACKLE 各色
 SIDE:  BUCK TAIL ORANGE + POLAR FLASH 各色
 CHEEK:  SILVER PHEASANT HACKLE +JUNGLE COCK
 HOOK: OPST SWING HOOK #1/0




 スタッフGS









にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ←アクセスランキング参加中!
 こちらのアイコンをポチッとお願い致します。
 
にほんブログ村




 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。